• HOME
  • 事業譲渡(M&A)という選択肢

事業譲渡(M&A)という選択肢

thumb_01.jpg
再生に向けた優先順位としては、金融機関との交渉により私的整理を行いつつ、自力で収益性を改善することですが、自力での再生が難しい場合、事業譲渡(M&A)という選択肢もあります。
 
経営者にとっては抵抗があり、事業譲渡(M&A)を選択肢に入れないケースも多いのですが、自力で頑張った結果が、最終的には破産となり、経営者にも何も残らず、従業員も路頭に迷うということになるよりは、早い段階で、事業譲渡(M&A)を行なうことは有力な選択肢です。

現状の事業が赤字でも、あなたの会社の資産(設備、販路、商品)を有効に活用できる企業がある場合もあります。
経営者自身も、譲渡先の経営陣に加わったり、雇用を確保できる可能性もあります。
 

事業再生・銀行交渉に関するご相談のご予約 03-3556-7441 営業時間 平日9:30~18:00(土日相談)

 

銀行交渉・事業再生に関して

HOME 金融機関対策との交渉(私的整理) リスケジューリング 債権カット
収益性の改善 事業譲渡(M&A)という選択肢 会社再編(会社分割、第二会社方式等) 中小企業支援再生協議会
特定調停 民事再生 破産手続き  

 

当事務所に関して