• HOME
  • 破産手続き

破産手続き


thumb_01.jpg
破産は、過剰債務に陥って支払に窮した会社が残っている財産を債権者に案分配当して最終的には会社をなくす方法です。
 
会社が自己破産の申し立てをする際は、連帯保証人である社長も一緒に自己破産の申し立てをします
 
私が破産で処理した方が良いと思うケースは、本業が赤字で見通しが暗いケース、社長も事業を継続する意欲がなく後継者もいないケース、社長が精神的ストレスから免れるために破産による免責を得た方が良いケースです。

弁護士というと破産のイメージをお持ちの経営者の方も多いかと思いますが、破産は最後の手段です。当事務所を信じて、一度ご相談いただければ幸いです。


 

事業再生・銀行交渉に関するご相談のご予約 03-3556-7441 営業時間 平日9:30~18:00(土日相談)

 

銀行交渉・事業再生に関して

HOME 金融機関対策との交渉(私的整理) リスケジューリング 債権カット
収益性の改善 事業譲渡(M&A)という選択肢 会社再編(会社分割、第二会社方式等) 中小企業支援再生協議会
特定調停 民事再生 破産手続き  

 

当事務所に関して